社長のこころが10倍晴れる!「魂が喜ぶコーチ長谷真子」のつぶやき

0

    魂が喜ぶコーチ長谷真子の話。

     

    もうすぐ定年を迎える夫。

    待ち遠しいらしい。

     

    ずっと泊まり勤務がある仕事をして

    守秘義務があるせいか、家でも仕事の話はほとんどしない。

     

    何が気に食わないのか、家に帰ると仏頂面。

    会話が無い。笑顔もない。

     

    「そんなに家に帰るのが嫌なら帰って来なければいい。」

    そう思った事もあった。

     

    家の中は憎しみで充満している。

    役割を演じているだけ・・・。

     

    それが、今は一変した。

    いがみ合っていた義父との闘いを終え、天国?に送り出した。

     

    穏やかな家庭になって、私の気持ちも変化していった。

    家庭にいる事が楽しくなったのだ。

     

    食事を作るのに、ネットを見て材料を3点入れてリターン。

    すると美味しそうなレシピが並ぶ。

    その中から、人気のありそうなものを作る。

     

    今日も皆が「美味しい!」と言った。

    幸せを感じるときだ。

     

    定年が近づくと、夫も笑うようになった。

    「なぁんだ。家が嫌なんじゃなくて、仕事が厳しかったのか。」

     

    次の職場がほぼ決まるのか。

    人がたくさんいて、そこで役立つ仕事をするのが好きらしい。

     

    人生において、夢中で過ぎる仕事時間。夫の35年は長いのだろうか。

    これから、日々の楽しかったことを思い出すに違いない。

     

    私の場合、コーチ業をしてきた17年は短い。

    ずっと、やりたい事の中で生きてきたから。


    セミナーを開きたい。

    時間と場所を予約して、リハーサルをして集客活動。

    何もかも初めて。それでもそこから一人クライアントさんが出来た。

    物凄く嬉しかった。

     

    社長のコーチがしてみたい!

    初めての社長さんは問題なんてないけど、興味があったコーチング。

    色々話すうちに、自社の価値に気づいた。

    それはそれは私にとっても夢のような時間だった。

     

    上場企業の役員さんに会ってみたい!

    実現した。人格者と思われるその方の話を伺うのが楽しかった。

     

    コーチングの契約には至らなかったが、

    数千人の企業と数百人の企業とを繋げる事ができた。

    数千人の企業が週百人の企業に学びたいと言ったのだ。

     

    社長の想いを聴くのが本当に好き。

    楽しくてしかたがない。

     

    話を聴くと、その中から価値観や大事にしているものが見えてくる。

    そこに話がいたると、また更に奥に入ることができる。

    じっと、聴いているときも、おそらく私の瞳はキラキラしているのではないか?

     

    社長も身を乗り出している。

    頭のてっぺんから足のつま先まで痺れる仕事がしたい!

     

    その通りになったのは、鬼塚喜八郎さんと出逢った時。

    そう、アシックスの創設者だ。

     

    あの時、お茶の蓋を開ける事すらできなかった。

    熱い志に打たれながら、

     

    「この荒んだ日本の青少年の心を、あなたはどうやって救うのか!」

    どういう訳か私が鬼塚さんに叫んでいた。

    「もう手を付けている!」

    「中学校を中心に年代を問わないスポーツの交流場を神戸から」

     

    他に何を話したか、覚えていない。

    全身全霊で聴いていく。

     

    翌年、鬼塚さんは亡くなった。

    あれは遺言であったのか。89才。エネルギッシュ。

     

    天命かな?

    コーチングは。

     

    さぁ。家庭での幸せを満喫したら

    また、社長さんの話を聴きに行こう!

     

     

    社長が待っている。

     

    魂が喜ぶコーチ長谷真子でした。

    hasemasako * ある社長との会話 * 23:46 * comments(0) * - * - -

    人生の綱引き

    0
      JUGEMテーマ:人生論
      「綱引き」

       綱引きの縄はなぜ、あのように重いのか。

       皆でなければ持ち上げる事すらできない。
       一緒でなければ、引く事も出来ない。

       皆の力が一本の線になる時、合わさってグィッと引ける。
       どどどッと引かれる時、悔しい気もするが、

       相手の力を感じて、嬉しい気もする。

       綱引きに意味はない。
       参加しないという手もある。

       綱引きをしている人から、手招きで
       「さぁ。さぁ。早く来て~。入って〜!」
       と懇願されたらどうだろう。

       急に参戦しながら、妙に嬉しい。
       横を通り過ぎるとしたら、どうだろう。

       心の奥がざわついている。
       そんな気がしてならない。

       必要とされる事。
       それも、力なのだ。

       引かれる事は惹かれる事になり、魅かれる。
       一緒に引く事は一体感が生まれる。

       それを繰り返すうち、全体感が生まれる。

       どちらのチームにいたかと言うより、
       綱を持っていたのか?という事の方が
       大切な意味を持っている。

       綱を仕事と例えると、
       引いたり引かれたりに魅力を感じられたら、
       仕事人生はいつも楽しいものに違いない。

       足元の綱を、呼ばれた綱を、
       持ってみる。引いてみる。

       きつくなったら、助けを求めればいい。
       また、だれかに助けてと言えばいい。

       そこに、だれかはきっといる!

      hasemasako * 気づいた事 * 06:36 * comments(0) * - * - -

      爽やかなテニス

      0
        一昨日まで風邪だったのに、
        昨日はどうしても行きたくて、近くのテニスコートに。

        9時過ぎに到着したら、4人目という事で、すぐに試合となった。
        栄区でナンバーワンと言われた上手な相手との試合は至福の時間だった。

        負けてしまっていても、幾つも納得できるショットが出て、大満足。
        ガットを張り替えたばかりで調子も良かったのですが、
        いつもだと、相手が強いから負ける。相手が・相手が・と考えては委縮していました。

        心の中は、テニスができる事に感謝。ガットもいいし、調子もいい。
        相手のショットの中でも、返せるものが幾つもあって、だんだん気持ちよくなってきた。

        私はずいぶん長い間、自分とテニスをしていた。
        相手を見る余裕すらなかった。

        でも、そんな気持ちでプレーをすると、楽しい!
        やっと、テニスの楽しさが分かって来たのか。

        結局1ゲームだけ取れて、すぐに同じメンバーでプレイ。
        やはり1ゲームだけ取れて、1−6で負けました。

        でも、ちっとも嫌じゃなかった。
        かつては自滅して、悔し涙を流したのに。

        3試合目は強い方にフォローして頂いて、6−2で勝利。
        自分がどんなプレイをしているのかを自分で意識しながら
        するテニスは格別でした。

        たかがテニス。されどテニスです。
        スポーツの中に自分を見るのもいいですね。
        hasemasako * テニスの話 * 11:36 * comments(0) * - * - -

        読みかえすブログ

        0

           以前のブログを読み返していた。

          読みかえすブログ。


          そこには子供たちの成長と、ものの考え方の変化が綴られていた。

          自分では、一生懸命もがいていたような日々。

          楽しい事も多かったようだ。


           人は忘れる。

           本当に大事な事は

           何もない。

           普通の日々にあるのかもしれない。


          何か前進していない。

          成果は何か。

          いつも、自分を責めていた。


          今は、今を生きてきたんだなと。

          いいも悪いもない。

          事実現実。大切にしていこうと思う。


          hasemasako * 気づいた事 * 06:58 * comments(0) * - * - -

          国際コーチ連盟(ICF)のACC取得しました!

          0
            先日、国際コーチ連盟(ICF)のACC認定を
            取得できました!

            これはコーチの倫理規定を理解し、
            認定を受けたコーチング教育機関で学び、
            100時間以上のコーチング実績を持ち、といった
            さまざまな条件をクリアしたうえで、試験に臨むものです。

            改めて、コーチングの記録を調べましたら、
            有料コーチングで1600時間を超えておりました。

            ACCは基本の資格で100時間以上の経験が必要。
            PCCはその上になり750時間以上の経験が必要。
            MCCは更にその上2,500時間以上の経験が必要。

            正直自分のコーチングには自信を持ってしておりました。ですが、
            改めてCCC(コアコンピテンシーキャンプ)プログラムで
            倫理規定を学びなおし、コーチも新たに専用にお願いし、試験に臨みました。

            傲慢な自分をへし折られる事もしばしば。
            でも、そうだからこそ、進化できるのだと思いました。

            ありがとうございました。

            ACCの画像はfacebookに。





             
            hasemasako * コーチの話 * 10:06 * comments(0) * - * - -
            このページの先頭へ