<< 人生の綱引き | main |

社長のこころが10倍晴れる!「魂が喜ぶコーチ長谷真子」のつぶやき

0

    魂が喜ぶコーチ長谷真子の話。

     

    もうすぐ定年を迎える夫。

    待ち遠しいらしい。

     

    ずっと泊まり勤務がある仕事をして

    守秘義務があるせいか、家でも仕事の話はほとんどしない。

     

    何が気に食わないのか、家に帰ると仏頂面。

    会話が無い。笑顔もない。

     

    「そんなに家に帰るのが嫌なら帰って来なければいい。」

    そう思った事もあった。

     

    家の中は憎しみで充満している。

    役割を演じているだけ・・・。

     

    それが、今は一変した。

    いがみ合っていた義父との闘いを終え、天国?に送り出した。

     

    穏やかな家庭になって、私の気持ちも変化していった。

    家庭にいる事が楽しくなったのだ。

     

    食事を作るのに、ネットを見て材料を3点入れてリターン。

    すると美味しそうなレシピが並ぶ。

    その中から、人気のありそうなものを作る。

     

    今日も皆が「美味しい!」と言った。

    幸せを感じるときだ。

     

    定年が近づくと、夫も笑うようになった。

    「なぁんだ。家が嫌なんじゃなくて、仕事が厳しかったのか。」

     

    次の職場がほぼ決まるのか。

    人がたくさんいて、そこで役立つ仕事をするのが好きらしい。

     

    人生において、夢中で過ぎる仕事時間。夫の35年は長いのだろうか。

    これから、日々の楽しかったことを思い出すに違いない。

     

    私の場合、コーチ業をしてきた17年は短い。

    ずっと、やりたい事の中で生きてきたから。


    セミナーを開きたい。

    時間と場所を予約して、リハーサルをして集客活動。

    何もかも初めて。それでもそこから一人クライアントさんが出来た。

    物凄く嬉しかった。

     

    社長のコーチがしてみたい!

    初めての社長さんは問題なんてないけど、興味があったコーチング。

    色々話すうちに、自社の価値に気づいた。

    それはそれは私にとっても夢のような時間だった。

     

    上場企業の役員さんに会ってみたい!

    実現した。人格者と思われるその方の話を伺うのが楽しかった。

     

    コーチングの契約には至らなかったが、

    数千人の企業と数百人の企業とを繋げる事ができた。

    数千人の企業が週百人の企業に学びたいと言ったのだ。

     

    社長の想いを聴くのが本当に好き。

    楽しくてしかたがない。

     

    話を聴くと、その中から価値観や大事にしているものが見えてくる。

    そこに話がいたると、また更に奥に入ることができる。

    じっと、聴いているときも、おそらく私の瞳はキラキラしているのではないか?

     

    社長も身を乗り出している。

    頭のてっぺんから足のつま先まで痺れる仕事がしたい!

     

    その通りになったのは、鬼塚喜八郎さんと出逢った時。

    そう、アシックスの創設者だ。

     

    あの時、お茶の蓋を開ける事すらできなかった。

    熱い志に打たれながら、

     

    「この荒んだ日本の青少年の心を、あなたはどうやって救うのか!」

    どういう訳か私が鬼塚さんに叫んでいた。

    「もう手を付けている!」

    「中学校を中心に年代を問わないスポーツの交流場を神戸から」

     

    他に何を話したか、覚えていない。

    全身全霊で聴いていく。

     

    翌年、鬼塚さんは亡くなった。

    あれは遺言であったのか。89才。エネルギッシュ。

     

    天命かな?

    コーチングは。

     

    さぁ。家庭での幸せを満喫したら

    また、社長さんの話を聴きに行こう!

     

     

    社長が待っている。

     

    魂が喜ぶコーチ長谷真子でした。

    hasemasako * ある社長との会話 * 23:46 * comments(0) * - * - -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ