<< 「主体的に動く」ということ | main |

「自意識と創り出す思考」

0

    「自意識と創り出す思考」読み始めて思った事。

    事実を認める事は嫌な事ばかりではない。

     

    徒然に書いてみる。

     

    私はボジティブ思考が嫌いだった。

    ポジティブと言った瞬間から、ネガティブな自分への刷り込みが始まる。

     

    アファメーションにも違和感があった。

    できる!できる!といくら言っても、後ずさりする感覚。

     

    どうしてなのか。分からなかった。

    でも、読んでいくうちに、コレだと思った。

     

    事実は消せず、どうにも逃げる事ができない。

    それを潜在意識も知っている。オミトオシ。

     

    それと、

    事実は私が認めるかどうかは別として、現実にそこにある。

    週に2〜3日1時間歩くと決めて歩く。

     

    やれば血流が良くなり、清々しい体験ができる。

    その日の食事は美味しいし特にお酒は最高の味になる!

     

    30分で帰る時、できなかった半分ゲンナリしていた。

    がしかし、記録は3キロと平均ペースと達成キロ数が3キロ伸びた。

     

    身体が重いな。ペースも遅い。そう思いながらでも終わると

    筋肉量は上がっていた。体脂肪も下がる。

     

    私が思っている自分への情けなさや不甲斐なさとは別に

    事実はやった分だけ、確実にどこかが変化していた。

     

    極端にできない!ダメ!やれない!苦手!

     

    と決めるより、本当にそうなのか?

    さっき階段を上がって二階に来たけど、私は足を動かさなかったか?

     

    自分がどう思われているのか。自分は自分は・・・。

    意識が自意識ばかりに行っている。

    そんな時は弱く情けなく黙る。

     

    そう言えば、10年以上前にアシックスの創設者、鬼塚喜八郎さんに会った時、

    渾身の力を込めて、「この荒廃した日本の青年たちの心をあなたはどう救うのか!」

    叫んでいた。

     

    その時、自分がどうであるかなんて、どうでもよかった。

     

    与えられた時間を大幅にオーバーして、傍らで「会長!お時間です!」と

    部下の方が何回も声をかけられた。

     

    頂いたお茶の蓋も開けられず。集中していた時間。

    全身に電撃が走ったような感覚。

     

    それも、事実だ。

     

    「創り出す思考」

    何かが出てきそうな予感がする。

    hasemasako * 気づいた事 * 07:39 * comments(0) * - * - -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ